日本コンクリート株式会社

ビッグボックスは、内幅13mまでのプレキャスト化が可能なボックスカルバートで、大型断面の構築など、あらゆる断面で活用いただけます。

大型プレキャストボックスカルバートビッグボックス

Product
水路

大型プレキャスト
ボックスカルバート
ビッグボックス

Product

ビッグボックスは、内幅13mまでのプレキャスト化が可能なボックスカルバートで、4分割という合理的な分割方式のため、大型断面の構築など、あらゆる断面で活用いただけます。また、頂版はPRC構造のトップスラブ、側壁はスタンドウォール、底版はインバートで構成され、運搬・施工も容易に行うことができます。
内幅8,000mm以下のサイズは、フィットボックスカルバート(大型組合せボックスカルバート)をご覧ください。

NETS登録番号:KT-010037

Focus

ビッグボックスの特長

  • 大型プレキャストボックスカルバートビッグボックス
  • 大型プレキャストボックスカルバートビッグボックス

合理的な分割方式

  • 4分割式ボックスカルバートであるため、自由な断面が可能です。
  • 内幅13.0mまでのプレキャスト化が可能です。
  • 合理的な分割方式のため、運搬・施工が容易です。

高強度、高耐久性

  • 高強度コンクリート部材であり、耐久性に優れています。
  • トップスラブは合理的な方円形状であり、断面性能が優れています。

剛性の高い継手構造

  • トップスラブとスタンドウォールは、剛性の高いウェーブジョイントで連結しています。

ローコスト

  • 軽量化が図れ、経済性に優れています。

ビッグボックスの用途

  • アンダーパス(道路・水路)
  • 本線トンネル(道路・鉄道)
  • ボックス型橋梁
  • 地下河川・貯水池
  • 共同溝
  • 大型プレキャストボックスカルバートビッグボックス シングル
  • 大型プレキャストボックスカルバートビッグボックス マルチ
坑口処理形式(坑口土留工)
  • 現場打ちウイング工法
    現場打ちウイング工法
  • 現場打ちウイング工法
    現場打ちウイング工法
  • 坑口処理形式(坑口土留工)
  • U型擁壁工法
    U型擁壁工法
  • 補強土擁壁工法
    補強土擁壁工法
坑口処理形式(坑口斜角部)
  • 角度が緩やかな場合はトップスラブを斜切りにします。
  • 斜角が鋭角な場合は、コの字型側壁部材の組合せで対応します。この場合、頂版、底版は現場打ちコンクリートとなります。
  • 坑口処理形式(坑口斜角部)
  • 坑口処理形式(坑口斜角部)
    斜角が大きい場合の抗口ボックスカルバート断面図
  • 補強土擁壁工法
    斜角ボックスカルバートの場合
マルチタイプ(マルチタイプビッグボックス)
  • シングルタイプを組み合わせることによりマルチタイプも可能です。
  • トップスラブの継手部はループ継手構造になっており、要素試験により強度確認を行っています。
  • マルチタイプ(マルチタイプビッグボックス)

マルチタイプトップスラブの継手曲げ試験

  • 載荷装置
  • 試験体構造
マルチタイプ(ボックス型橋梁)
  • 20m以下の小規模河川に於いては、橋梁との比較で暗渠構造がボックス型橋梁として用いられています。
  • 橋台に設置される踏掛版および受け台はビッグボックスにも設置可能です。踏掛版はプレキャスト製品でも製作可能です。
  • マルチタイプ(ボックス型橋梁)

閉じる

Font Size

文字の大きさを選ぶ

標準

閉じる閉じる