鉄道用ボックスカルバート | 日本コンクリートの鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)は、鉄道構造物設計標準準拠のボックスカルバートです。

052-793-1151
製品一覧 > 水路 > 鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)

鉄道用ボックスカルバート
(排水勾配付ボックスカルバート)

鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)は、型枠構造を改良することにより、頂版上面に3%の排水勾配を付けた鉄道構造物設計標準準拠の二次製品ボックスカルバートです。

鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)

鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)の特長

鉄道構造物等設計標準・同解説のコンクリート構造物(鉄道総合技術研究所編)の「14.18.2排水工」において、「構造物の上面には排水として1/40以上の勾配を設けることを原則とする」とあります。
従来、この排水勾配は、製品を現場にて据え付けた後、モルタルを用いて手作業にて成形していました。しかし、現場で成形した排水勾配は接着性が悪く壊れやすいという欠点があり、さらに現場での成形のため施工効率の悪い作業となっていました。
日本コンクリートの鉄道用ボックスカルバート(排水勾配付ボックスカルバート)は、型枠構造を改良し、頂版上面に3%の排水勾配を付けたボックスカルバート(鉄道構造物設計標準準拠の二次製品)です。

 

施工例プレビュー

 

鉄道用プレキャストボックスカルバートの
載荷試験 報告書

試験機関
JRSE 株式会社ジェイアール総研エンジニアリング


日本コンクリートの鉄道用ボックスカルバートは、株式会社ジェイアール総研エンジニアリング様による載荷試験において、帯鉄筋の降伏はなく、十分なじん性を有し、かつ大変形時においても荷重保持が可能であることを認められた製品です。

ページの上へ
Copyright © NIPPON CONCRETE Co., Ltd. All Rights Reserved.