日本コンクリート株式会社

FAボックスは、プレキャスト部材と現場打ちを併用した大断面ボックスを構築する工法で、斜角への対応が容易になります。

FAボックス

Product
水路

FAボックス

Product

FAボックスは、3分割されたプレキャスト部材と現場打ちコンクリートを併用した、大断面ボックスを構築する工法です。 頂版、側壁を分割構造(セグメント化)することで、「斜角」への対応が容易となります。

NETIS登録番号:QS-110006-A

Focus

FAボックスの特長

コスト縮減

プレキャスト部材をスラブ構造とし、底版を現場打ちとしたことで経済性に優れた大型ボックスです。

工期短縮

ループ継ぎ手を用いてプレキャスト部材を一体化するため施工が容易で工期短縮が図れます。PCaウイングウォールを併用すればより一層の工期短縮が可能です。

  • FAボックス
  • FAボックス

構造概要

  • FAボックス 構造概要

設計条件

FAボックス設計条件

カルバート寸法(単位mm)

カルバート寸法

PCaウイングウォール構造概要
  • PCaウイングウォール
  • PCaウイングウォール

技術開発の背景及び契機

近年、公共工事のコスト削減に伴い、経済性、工期短縮、施工性に優れた製品が求められています。 そこで、これまでの現場打ちコンクリートにて施工されていましたウイングの工期短縮を図るためプレキャストウイングを開発しました。

技術の内容

FAボックスにプレキャストウイングをハンチ部のループ継手構造により一体化する工法です。
※PCaウイングウォールは、FAボックス以外の製品に取り付けることはできません。

技術の効果

特殊な技術を必要としないので施工性が良く、大幅な工期短縮が図れます。

技術の適用範囲

●張出し長さ8m、全体高さ8mまで、対応できます。
●斜角ボックスにも対応できます。
●「道路土工一カルバート工指針」に準拠しています

  • PCaウイングウォール

閉じる

Font Size

文字の大きさを選ぶ

標準

閉じる閉じる