横引き工法 | 日本コンクリートの横引き工法(ボックスベアリング横引き工法)はボックスカルバートの移動・据付のための工法で、上部に障害物のある場所で有効な工法です。

052-793-1151
製品一覧 > 水路 > 横引き工法(ボックスベアリング横引き工法)

横引き工法
(ボックスベアリング横引き工法)

横引き工法(ボックスベアリング横引き工法)は、高架橋や電線など、上部障害物のある場所でボックスカルバートの移動・据付に有効な工法です。ボックスカルバートの敷設に伴ってクレーンを移動させることなく一箇所で降ろし、据付位置までベアリングで横引きし、移動・据付します。

横引き工法(ボックスベアリング横引き工法)

横引き工法(ボックスベアリング横引き工法)の特長

■施工ヤードが狭くても、円滑な敷設作業ができます。

■搬入作業(クレーン作業)と敷設作業(横引き作業)が分離でき、急速施工が可能です。

■従来工法に比べて、掘削幅が小さくなります。

■覆工板を設置すれば、地下内の作業のみとなり、上部の交通が開放できます。

■敷設に伴ってクレーンが移動する必要がなく、降ろし場所が一箇所で敷設できます。

■高架橋、電線などの上部障害物がある場所でも敷設作業が可能です。

■ボックスカルバートと基礎との摩擦が小さく、縦方向のPC緊張力が50%以下に低減できます。

■縦断勾配10%までの施工が可能です。

■従来工法に比べて、施工費の低減、工期の短縮、安全性の向上がはかれます。

 

※NETS登録番号:KT-990571

 

施工例プレビュー

ページの上へ
Copyright © NIPPON CONCRETE Co., Ltd. All Rights Reserved.