マルチレベル工法のご相談は日本コンクリートへお問い合わせください。

052-793-1151
製品一覧 > 水路 > マルチレベル工法

マルチレベル工法

NETIS登録番号:TH-020011-V
(設計比較対象技術)

マルチレベル工法は、プレキャスト製品を自由自在かつ安全・正確に据付けできる工法で、クレーンなどの重機を使用しませんので、大幅なコスト削減も見込めます。

マルチレベル工法

マルチレベル工法の特長

■ 安全性の飛躍的向上
クレ−ン等の大型重機類を使用せず据付けができるので、安全性の飛躍的向上が得られます。また、CO2の排出を大幅に削減することができます。
■ 正確性&精度の大幅向上
マルチレベル治具は、プレキャスト製品のレベル合わせを正確にできる形状になっていますので、正確性及び精度の大幅な向上が得られます。
■ 施工効率の向上と工期短縮
熟練度に左右されず、治具を用いて簡単にすばやくできます。

マルチレベル治具標準図

マルチレベル治具標準図

マルチレベル工法による据付施工例


  • ボックスカルバート

  • 大型フリューム

  • L型擁壁

  • L型水路ブロック
ページの上へ
Copyright © NIPPON CONCRETE Co., Ltd. All Rights Reserved.